From 戦略思想研究所 中森護

帝王学とは何か。
洞察術とは何か。

これから、私があなたへお伝えする帝王学と洞察術は、一般的なそれとは本質的に異なります。なぜかというと、帝王学とは本来、真の皇統だけが知りうる聖域であり、洞察術とは、本来天与の才を必要とするからです。

しかも、帝王学は口伝
書店に並んでいる活字化した帝王学は、すべて似非帝王学です。

そして、洞察術とは波動幾何学
知識や理屈を並べたところで、何も見透すことはできません。

それでは、帝王学と洞察術の関係とは何か。
ある人物はこう言います。



隠すのが帝王学、それを解くのが洞察術


「帝王学とは決して足を踏み入れてはいけない聖域なのだから、それを解明していいはずないだろう。矛盾しているじゃないか」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。おっしゃる通りです。

ただ、お言葉ですが、もしあなたが本当にそうお思いなら、ここから先をお読み頂くことはお勧めいたしません。なぜなら、私はこれから帝王学を伝授する方法をお伝えしようとしているのに、その素養がないと判断せざるを得ないからです。

一方、「なるほど、面白い」とお思いになったあなたは、それだけで素養があります。
ぜひ、このまま読み進めてください。洞察帝王学の奥義を伝授します。

しからば、帝王学を学ぶ素養とは何か。
F・スコット・フィッツジェラルドの言葉にその答えを求めます。

「一流の知性とは、二つの相対立する考えを同時に心に抱きながら、しかも正常に機能し続けられる能力である」

すなわち、一流の知性。

一流の知性と言われるとハードルが高いように思いますが、何も高学歴である必要はございませんし、インテリぶることでもありません。あくまで、先天的な能力です、、、と言われると、さらにハードルが上がりますので、「純粋」であることが一流の知性であるとしておきましょう。

純粋であるということは、なにものにも縛られない完全なる自由意志を持つことであって、世俗の価値判断とは全く異なる境地で物事を思考できることです。

例えば、カエサルの跡を継いで、パクス・ロマーナを実現したアウグストゥスは、温厚な私人にして冷酷な支配者であったと言われます。

世俗の判断では、しばしば、温情なる者が善人であり、冷酷な者が悪人であるとされがちです。しかしながら、人間の世界は、善人だらけでも悪人だらけでもありません。

歴史を素直に学べばお分かりいただける通り、善人がときには悪人にもなり、悪人がしばしば善人になることもあります。つまり、



善悪などというものは所詮あいまいなものにすぎない


のです。

きっと、カエサルやアウグストゥスのような人物は、一流の知性を持つがゆえに、そのような善悪のまぎらわしさを理解していたのでしょう。

言葉を変えると、二人は善悪を超えた次元で物事を自由に思考していたということであり、それができる人物は、



ニーチェが定義した超人と同格


であると言っても過言ではありません。

ニーチェは永劫回帰を提唱し、永劫回帰とは自由意志によって招来される世界の根源的なありようであるとしています。

世界の根源的なありようとは、宇宙(大自然)と生命のメカニズムが示すとおり、リサイクルシステムのことであると置き換えられます。宇宙は対生成・対消滅の循環によって成り立ち、生命は雌雄の対によって遺伝情報を循環させます。

それは、歴史も同じです。

歴史を過去から未来への一方向的(通時的)な時の流れと見てしまうと、歴史事象の表面を見るだけで終わり、その奥底を洞察することはできません。

繰り返しになりますが、善人がときには悪人にもなり、悪人がしばし善人になることもあります。分かったつもりで、あいまいな理解で終わっている状態が、通時的な歴史解釈です。

一方、歴史を共時的に見るとどうでしょう。

全時代、全世界で起こってきた(起こっている)事象を同時に見れば、発生した時期と場所は異なるけれども、因果関係が同じであることから、似ている事象を見つけることができるはずです。

それを、歴史相似象といいます。

幾何学でいうところの相似形は、「形が同じで大きさが異なる」図形を意味しますが、歴史も同じで、「因果関係が同じで関わる人物・場所・時代が異なる」歴史事象が存在します。

歴史相似象の具体的事例をここで持ち出しては、洞察帝王学の奥義伝授を始めてしまうことになるので控えさせて頂きますが、歴史洞察の手法は、幾何学のそれと同じであることをここで理解しておいてください。

そうすれば自ずと、



「歴史は繰り返す(循環する)」の必然性に気づく


ことになります。

循環するということは、歴史事象も宇宙(大自然)と同じように、対生成・対消滅するということです。

対生成とは、エネルギーから物質(粒子と反粒子)が生成する自然現象であり、対消滅とはその逆の現象です。

したがって、エネルギーから生まれエネルギーにかえる
これが、宇宙(大自然)のリサイクルシステムです。

さらに、エネルギーとは波動。歴史事象と波動は密接に関連しています。 むしろ、歴史事象は波動でなければなりません。

歴史事象が波動であるとは、一体どういうことなのか。私はこのレターの冒頭でこのようにお伝えしました。

「帝王学は口伝」
「洞察術とは波動幾何学」

もうお分かりいただけましたね。

口伝とは「音」で伝えることです。音は波であり、波動情報です。文字は波動性を失い粒子(物質)となった情報です。それは、本質が失われた抜け殻であると言い換えることができるでしょう。

一見、活字の方が情報媒体として洗練されているように錯覚しますが、語るべき人物が語れば、口伝こそが至高の情報媒体となります。著名人の講演会やオーケストラの生演奏を聴いた経験がおありであれば、すぐにその意味を悟ることができるでしょう。

だからこそ、帝王学は口伝でなければならないのです。一般の人々が知り得ない聖域であって当たり前なのです。それは、真の皇統のみに伝わる歴史事象も同じです。

それとは別に、先ほど私は、「歴史洞察の手法は、幾何学のそれと同じである」とお伝えしました。ここまでお読みいただいたあなたであれば、「洞察術とは波動幾何学」と言われたところで、「さもありなん」と返すことができるでしょう。

そして、「隠すのが帝王学、それを解くのが洞察術」が全く矛盾しないということに対しても。

それは、つまり、



天与の洞察力を持つがゆえに歴史の聖域を解明する

ことを許された人物がこの世界に存在する


ということです。その人物こそが、何を隠そう落合莞爾先生です。


1941年和歌山市生まれ。東京大学法学部卒業後、住友軽金属を経て経済企画庁調査局へ出向、住宅経済と社会資本の分析に従事し、1968ー69年の『経済白書』の作成に携わる。

その後、中途入社第1号として野村証券に入社、商法および証券取引法に精通し、日本初のM&Aを実現する。1978年に落合莞爾事務所を設立後は経営・投資コンサルタント、証券・金融評論家として活躍。

日本および世界の金融経済の裏のウラを熟知する人物として斯界では著名な存在である。ここ二十年来、孝明天皇直系の「京都皇統」から、日本史の 真相について数々の教示を受け、「落合秘史」シリーズとして出版。日本中に衝撃を与えている。 著書は多数発行されており、落合莞爾塾に関連する著書として、『金融ワンワールド』『明治維新の極秘計画』『南北朝こそ日本の機密』『国際ウラ天皇と数理系シャーマン』『奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新』『京都ウラ天皇と薩長新政府の暗闘』『欧州王家となった南朝皇統』『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』『天皇とワンワールド』『天皇と黄金ファンド 古代から現代に続く日本國體の根本』『ワンワールドと明治日本』『天孫皇統になりすましたユダヤ十支族』『「吉薗周蔵手記」が暴く日本の極秘事項 解読! 陸軍特務が遺した超一級史料 』『國體アヘンの正体 大日本帝国を陰から支えた「天与のクスリ」』『日本皇統が創めたハプスブルク大公家 國體ネットワークから血液型分類を授かった陸軍特務』、『ワンワールド特務・周恩来の日本偵察 東アジアの勢力図を決した吉薗周蔵の奇縁』、『國體忍者となったタカス族とアヤタチ 周蔵手記が明かす「サンカ」の正体』(いずれも成甲書房)がある。現在、紀州文化振興会の中に落合吉薗秘史刊行会を発足させ、精力的に執筆活動を継続している。

(落合先生写真、著書『國體忍者となったタカス族とアヤタチ 周蔵手記が明かす「サンカ」の正体』)

さて、長くなりましたが、ここからが本題です。

もし、落合莞爾先生があなたへ、洞察帝王学の奥義を伝授する講義があったとしたら、受けてみたいですか?

落合莞爾先生の指南を得て、洞察帝王学を究めたいですか?

そのうえで、宇宙(大自然)のリサイクルシステムを体現したいと思いますか?

あなたが心からそうお思いなら、ここから先へお進みください。
落合先生自ら洞察帝王学の奥義を指南する道場をご紹介します。



「落合流洞察帝王学指南」は、古代史から近現代史に及ぶ幅広い歴史の真相を解明するとともに、落合莞爾先生と同次元の思考力と洞察力を身につける人財を養成することを目的とします。

指南とは一般的に武芸の手ほどきをすることの意とされていますが、それにならって、師範たる落合先生が洞察帝王学の真髄の手ほどきをすることによって、上記目的を達成します。

手ほどきと言われると入門編という印象を持ちますが、「落合流洞察帝王学指南」では段階を追って、最終的に洞察帝王学の奥義を伝授することになります。

したがって、入門編から奥義伝授までの過程には、三つの段階(伝位)を設けることになります。それがこちらです。



洞察帝王学の入門編であり、オンライン形式の講義になります。初伝のカリキュラムを経ずして中伝に進むことも可能ですが、中伝以降は、初伝を習得したものとみなして講義を進めるため、必然的に洞察帝王学奥義を伝授するための登竜門となります。
また、初伝は「その一」と「その二」に分かれており、さらにそれぞれ「本講義」と「補足講義」に分かれています。

●解説つきの本講義
初伝カリキュラムに沿った落合先生講義映像&中森護解説映像

●解説なしの補足講
初伝カリキュラムを補足する落合先生講義映像

初伝の受講期間に制限はございません。一度受講すれば、オンライン上でいつでも学ぶことができます。



落合先生から直接手ほどきを受けるクローズな塾形式の講座です。

塾生は孝明天皇直系の「京都皇統」からもたらされた秘史の断片を解き明かし、または落合先生が目下研究中の最重要課題を解決することで、真実のジグソーパズルを完成させることを目指します。

また、中伝では、落合先生にはブレーキを外して頂きます。つまり、各塾生の理解レベルを無視した講義になります。

せっかくの講義に参加しても、内容を完全に消化できないまま終わってしまうことのないよう、初伝カリキュラムを経てから受講頂くことを強くお勧めいたします。



落合先生が洞察帝王学の奥義を伝授する講座です。

塾生は落合先生と同次元の思考力と洞察力を身につける人財となることを目指します。
講義形式は完全なる口伝伝承であり、カリキュラムは存在しません。

また、落合先生が洞察帝王学奥義の一切を伝授したと判断すれば、落合先生から当該塾生に免許皆伝、または位階を授けられることになりますが、参加すれば必ず得られるというものではございません。覚悟を決めて、挑戦してください。


以上が、「落合流洞察帝王学指南」の伝位の概要になります。

ご確認頂いたとおり、初伝はオンライン形式、中伝は塾形式、奥伝は完全なる口伝伝承となっております。つまり、「落合流洞察帝王学指南」の講義は、



すべて波動情報であり、マニュアルは一切存在しません


なぜなら、帝王学は口伝であり、洞察術は波動幾何学なのですから。

おそらく、ここまでお読み頂いたあなたであれば、このように思っているに違いありません。
「どうすれば、『落合流洞察帝王学指南』を受講できるのか?早く教えて欲しい」

勿体ぶってしまい申し訳ございません。もちろん、これからご案内いたします。

しかしながら、現在ご案内している講座は、「初伝」と「中伝」のみ
「奥伝」は準備でき次第、順次ご案内いたします。

きっと、初伝には興味がないという方もいらっしゃるでしょう。いち早く、奥伝を受講させて欲しい意気込んでいる方も少なくないはずです。その熱意にお応えしたい気持ちもありますが、私が「初伝」から順番にご案内することには訳があります。

その時の勢いで参加を決めて欲しくないからです。

落合流洞察帝王学は、落合先生が30年近くの歳月をかけて大成した洞察体系であり、最短で習得する安易な道は存在しません。むしろ、落合先生の洞察はまだまだ深化を続けます。

すでに落合史観を網羅したと自信をお持ちの方であっても、初心にかえり、「初伝」から順番に受講して頂きたい、まずは道場の門を正面から素直に叩いて頂きたいと、心から強く願っております。

もちろん、自信がおありの方は初伝、中伝をスキップしても問題ございません。 飛び級大歓迎ですし、まずはスキップしてみて、やっぱり初伝も受講しようという考えもいい案だと思います。

ただし、繰り返しになりますが、「奥伝」は準備でき次第のご案内となりますことを、ご了承お願いいたします。

よろしいでしょうか。

今回は、思考訓練に主軸を置き、より実践的な洞察帝王学の習得を目的とする「中伝」をご案内いたします。

年来、落合先生は孝明天皇直系の「京都皇統」から、日本の真相について数々の教示を受けてきました。そして、その史的情報の断片から歴史の真相を洞察し、活字で発表を続けてきました。

しかしながら、皇室にまつわる口伝碑文の情報量は極めて膨大で、落合先生をして未だ解明されざる秘事は数多く残されています。

一方、落合先生は間もなく傘寿を迎えようとしています。決して無理をしてはならないご年齢です。されど、未だ解明されざる謎を放置するわけにもいきません。人類社会全体に寄与できる可能性を秘めた至宝の存在を知りながら放置することは、それこそ人類社会全体に対する冒涜です。

それでは、どうすればいいのか、、、簡単です。



あなたが未だ明かされざる秘事の断片を引き継ぎ、
謎を解明すればいいのです。


さて、ここから先は、歴史の真相解明に挑戦したい方、今まさに胸が高鳴っている方だけがお読みください。

早速ですが、あなたに問います。

落合先生の直接指導を受けながら、そして、落合流洞察帝王学を学ぶ仲間と切磋琢磨しながら、歴史の真相を解明し、真実のジグソーパズルを完成させたいと思いませんか?

秘史の解明に成功すれば、落合先生のご著書を通して発表に至ることもあり得ます。それは、「中伝」における論談の成果を、読者が情報として利用することを意味します。読者層は有識者や企業人、そして、一般の方まで含めて多岐に渡ります。

つまり、究極的には落合先生とともに國體シンクタンクをつくることになるということです。
落合先生を心から慕うあなたであれば、そんな幸せなことはないのではないでしょうか。

これからご紹介する落合流洞察帝王学指南「中伝」は、真実を追求するあなたにとって、今この世界で考えられる至高の講座となることをお約束いたします。

それでは、講座の受講概要と募集要項をご確認くださいませ。



〈受講概要と募集要項〉


「中伝」では、思考訓練に主軸を置き、より実践的な洞察帝王学の習得を目的とします。また、洞察帝王学を学ぶ同志による密接なコミュニティをつくることで、切磋琢磨できる環境を構築します。そのうえで、「奥伝」へのステップアップを目指します。

今年の4月から9月にかけて第一期生が落合先生の直接指導によって洞察力を磨き、

すでに100名を超える門人が「奥伝」へのステップアップを果たしています。

したがいまして、今回の募集で初めて中伝の指南所の門を叩くあなたは

第二期からの門人となります。

また、「中伝」には、本講座とインターネット講座の二種類がございます。

二つのコースの内どちらかをお選び頂き、2020年1月〜6月に月1回、合計6回開催されるの講座を受講頂くことで、上記の目的を達成します。

それでは、各講座の受講概要をご説明いたします。



①京都皇統から示唆された断片的史実の中で、落合先生が解明に着手していない内容、または落合先生が目下研究中の最重要課題をテーマとし、落合先生から直接指導を受けるゼミ形式の講義(毎月1回、合計6回)を受講します。
②各講義の前月までに取り扱うテーマに関する落合先生解説映像を収録し、各講義の当月上旬に塾生専用サイトから発表します。
③塾生は発表された当該テーマについて事前に予習を行い、講義当日までに思考を整理します。
④各講義の前段は、当該テーマに関する落合先生基調講演を拝聴します。
⑤各講義の後段は、当該テーマに関する塾生同士の意見交換を行い、必要に応じて落合先生にご指導を賜ります。
⑥講義中の秘史解明を目指すものではないため、後段は講義終了時間をもって終了とします。
⑦時間が余った場合は、自由な質疑応答の時間とします。
⑧講義映像はすべて収録し、塾生専用サイトから翌月配信します。
※1 必要に応じて一部カットの可能性があります。
※2 塾生顔出しの映像とならないよう撮影します。



諸事情により、どうしても本講義への参加が難しいという方のための聴講型講座です。
本講義各回のテーマ発表映像&講義収録映像を塾生専用サイトで視聴します。
情報を秘匿する必要があることから、本来データのダウンロードを承ることはできませんが、音声データのみダウンロード対応とする予定です。ただし、情報漏洩事案が確認され次第、コンテンツ取扱規約をより一層厳正にさせて頂きますことをご了承くださいませ。


〈講義日程とスケジュール〉


講義日程


【第一回】2019年1月25日(土)15時〜18時(会場:東京23区内)
【第二回】2020年2月22日(土)15時〜18時(会場:東京23区内)
【第三回】2020年3月21日(土)15時〜18時(会場:東京23区内)
【第四回】2020年4月18日(土)15時〜18時(会場:東京23区内)
【第五回】2020年5月16日(土)15時〜18時(会場:東京23区内)
【第六回】2020年6月20日(土)15時〜18時(会場:東京23区内)
※講義会場は、お申込なった方だけにご案内いたします。


講義スケジュール


15:00〜15:05 講義開始挨拶(5分)
15:05〜16:05 落合先生基調講演(60分)
16:05〜16:15 休憩(10分)
16:15〜17:55 塾生意見交換(100分)
※必要に応じて休憩を挟み、質疑応答へと以降
17:55〜18:00 講義終了挨拶(5分)


塾生専用サイト配信スケジュール


2020年1月1日:映像配信開始・第一回講義テーマ発表映像配信
2020年2月1日:第一回講義収録映像&第二回講義テーマ発表映像配信
2020年3月1日:第二回講義収録映像&第三回講義テーマ発表映像配信
※以後、2020年4月〜2020年7月1日まで繰り返し


〈受講料と特典〉


気になる「中伝」受講料をお知らせする前に、どうしてもあなたにお伝えしたいことがあります。

「中伝」では未発表の京都皇統秘事を知ることになります。これまでは、落合先生と周辺のごく一部の人物だけが知り得た情報です。言わずもがな、100万円積もうが、1000万円積もうが、決して手に入れることはできません。

それもそのはず。京都皇統秘事とは帝王学であり、本来真の皇統だけが知りうる聖域だからです。私たち一般人が知りうるはずがありません。これから「中伝」へ挑戦せんとするあなたは、なんとそれを合計6個も知ることになります。

一方、繰り返しになりますが、落合先生は間もなく傘寿を迎えようとしています。決して無理をしてはならないご年齢です。されど、未だ解明されざる謎を放置するわけにもいきません。人類社会全体に寄与できる可能性を秘めた至宝の存在を知りながら放置することは、それこそ人類社会全体に対する冒涜です。

だからこそ、今からあなたに継承しようというのです。あなたは今まさにその至宝を手に入れ、洞察帝王学を習得せんとしているのです。それが意味するところは、つまり、



隠すのが帝王学、それを解くのが洞察術


この領域に到達するということです。

「中伝」で得られる価値は、あなたの人生の中でお金に換算できないほどの絶大なものになることを、私は確信しています。

それでは、気になる価格を発表します。

※第一期からご継続になる皆様には、特別価格にて別途お申込方法をご案内しています。
※早期割引お申込受付は【11月22日(金)23:59まで】

※第一期からご継続になる皆様には、特別価格にて別途お申込方法をご案内しています。
※早期割引お申込受付は【11月22日(金)23:59まで】

さらに、今回「中伝第二期」に挑戦される方限定で下記特典をご提供いたします。



中伝二期では、塾生専用サイトを閉鎖することはございません。つまり、半永久的に塾生専用サイトにアクセスできます。
システムの都合上、従来の塾生専用サイトアクセス権は、一定期間に限定されていましたが、
独立創業に伴うシステム一新により、制限解除に成功しました。
ただし、やんごとなき事由により、弊社がサービスをご提供でなくなった場合は、アクセスできなくなりますことをご了承くださいませ。
その場合に備えて、塾生専用サイトには、引き続き音声ダウンロードリンクを併設いたしますので、そちらをご利用くださいますようお願い申し上げます。

来たる2020年4月26日(日)、落合先生は79歳を迎えられます。2年前の喜寿祝賀会、去年の78歳祝賀会と続けて、塾生の皆様とともにお誕生日をお祝いしてまいりましたが、傘寿一歩手前の今年も祝賀会を開催いたします。
これまでは4月26日の当日に和歌山で開催してまいりましたが、先生のご意向と塾生の皆様からのお声を反映しまして、
当日、和歌山に関わらず、皆様がご参加になりやすい日取りにて祝賀会を設定し、会場は東京に変更することで調整中でございます。
ぜひとも私たちの敬愛する師匠のご生誕をお祝いするとともに、ご長寿を祈念しようではございませんか。
具体的な会場、参加費用等は別途ご案内いたしますので、中伝第二期お申込後、今しばらくお待ちくださいませ。

落合先生との懇親会参加権をプレセントいたします。
懇親会は、講義終了後、会場近隣のレストラン・料亭などで開催し、実費のみお支払い頂ければ誰でもご参加頂けます。
講義中とは異なるリラックスした雰囲気の中、落合先生との親密な論談を楽しむことができるとともに、目的をともにする同志との強い絆をつくるきっかけを手に入れることができます。
それば、「中伝」の目指す洞察帝王学を学ぶ同志による密接なコミュニティに繋がることを心より願っています。

弊社インターネットメディア「インペリアル・アイズ」で企画する落合先生講演企画にすべて無料ご招待いたします。
2020年度につきましても、東京開催、大阪開催の合計2回を予定しています。
インペリアル・アイズ年会員同様、優先的にお席を無料でご提供いたしますので、ぜひ、楽しみにお待ちくださいませ。




中伝二期では、塾生専用サイトを閉鎖することはございません。つまり、半永久的に塾生専用サイトにアクセスできます。
システムの都合上、従来の塾生専用サイトアクセス権は、一定期間に限定されていましたが、
独立創業に伴うシステム一新により、制限解除に成功しました。
ただし、やんごとなき事由により、弊社がサービスをご提供でなくなった場合は、アクセスできなくなりますことをご了承くださいませ。
その場合に備えて、塾生専用サイトには、引き続き音声ダウンロードリンクを併設いたしますので、そちらをご利用くださいますようお願い申し上げます。

来たる2020年4月26日(日)、落合先生は79歳を迎えられます。2年前の喜寿祝賀会、去年の78歳祝賀会と続けて、塾生の皆様とともにお誕生日をお祝いしてまいりましたが、傘寿一歩手前の今年も祝賀会を開催いたします。
これまでは4月26日の当日に和歌山で開催してまいりましたが、先生のご意向と塾生の皆様からのお声を反映しまして、
当日、和歌山に関わらず、皆様がご参加になりやすい日取りにて祝賀会を設定し、会場は東京に変更することで調整中でございます。
ぜひとも私たちの敬愛する師匠のご生誕をお祝いするとともに、ご長寿を祈念しようではございませんか。
具体的な会場、参加費用等は別途ご案内いたしますので、中伝第二期お申込後、今しばらくお待ちくださいませ。

弊社インターネットメディア「インペリアル・アイズ」で企画する落合先生講演企画にすべて無料ご招待いたします。
2020年度につきましても、東京開催、大阪開催の合計2回を予定しています。
インペリアル・アイズ年会員同様、優先的にお席を無料でご提供いたしますので、ぜひ、楽しみにお待ちくださいませ。


つまり、【11月22日(金)23:59まで】のお申込で、合計6つの京都皇統秘事のみならず、上記すべての特典を手に入れて、

※【残席数9】となっております。
※第一期からご継続になる皆様には、特別価格にて別途お申込方法をご案内しています。

※第一期からご継続になる皆様には、特別価格にて別途お申込方法をご案内しています。

にて「中伝」をご提供させて頂きます。

落合先生による直接指導と絶対に他では知ることができない機密情報の数々、そして、洞察帝王学を学ぶ最強のコミュニティを手に入れることができる本講座は申込殺到必至です。

もし、あなたに「中伝」の何ものにも代え難い絶大な価値を感じて頂くことができたのであれば、ぜひ今すぐお申込頂きますことを、強くお薦めいたします。





ここまでお読み頂きまして、誠にありがとうございます。

今思えば、2015年8月に落合先生に初めて出会ってからというもの、これまでの間、私の仕事の9割以上は落合先生とともにありました。きっと、これからもそうでしょう。

落合先生は肩書きこそ歴史研究家や著述家で通していますが、それは正鵠を射ていません。落合先生が思考と洞察に没頭するその姿は、科学者でもあり、文学者でもあり、哲学者でもあり、時には戦略家や政治家にも見えることがあります。

カエサルやアウグストゥスが善悪を超えた次元で物事を思考しているのであれば、落合先生はあらゆる事象を超えた次元で物事を思考しています。

つまり、善悪のみに対する自由を超えた、さらなる自由の境地に落合先生はあるということです。抽象的すぎて書いている私も説明しきれないため、オイゲン・ヘルゲルの「弓と禅」から引用することで、説明に代えさせていただきたいと思います。

弓道の師範と弟子であるオイゲン・ヘリゲルが、稽古法について対話をしているシーンです。



「では私は何をすればよいのでしょう」私は思案しながら尋ねた。

「あなたは正しく待つことを習得せねばなりません」

「しかしどのようにしてそれが習得されるのでしょうか」

「意図なく引き絞った状態の外は、もはや何もあなたに残らないほど、あなた自身から離脱して、決定的にあなた自身とあなたのもの一切を捨てることによってです」

「それでは私は、意図をもちながら意図のないように成らねばならぬ」と思わず私の口から漏れた。

「そんなことを今まで尋ねた弟子はありません。だから私は正しい答えを知りません」

「では何時この新しい稽古が始まるのですか」

「時が熟すまでお待ちなさい」


私たちは善い人間であろうとしたり、その筋の専門家であろうとしたり、他の何かで権威づけをして自己を形成しようとします。しかし、実のところそれは束縛でしかありません。体裁を取り繕うばかりで、自由を失っているということです。

一方、一切の束縛から自己を徹している落合先生の真の肩書きは何かと言うと、正しくは「なし」でしょうが、あえて言うなれば、一廉の教養人、または思想家といったところでしょう。

そんな落合先生のもとへ洞察帝王学奥義の伝授を求める人たちの中には、國體奉公衆になりたい、ワンワールドに仕えたいといった目的を持っている人も少なくありません。

もし、あなたがそのような気持ちを心のどこかにお持ちであれば、その一切を捨ててください。
そもそも、國體奉公衆とは命じられるものでもなければ、自称するものでもありません。

あなたの思想と行動が結果的に國體ワンワールドの思想にかなうようになれば、つまり、「心の欲する所に従えども矩を踰えず」の域に達すれば、それがその時です。


ただし、落合先生も誰も、その具体的な時期は知りません。しかれども、落合先生はあなたを待っています。



「では何時、落合史観の引き継ぎが始まるのですか」

奥義の伝授を急がず、今一度、時が熟すまでお待ちください。

落合流洞察帝王学指南の伝位の詳細は、「初伝」から「奥伝」まで順次ご案内しております。「初伝」、そして「中伝」の指南所であなたとお会いできますことを、心より楽しみしております。